So-net無料ブログ作成
前の30件 | -

04.19  第九集は最後の締めの1点を残し、完成とします。 [川口の景観]

17日の青木東の教室は、野菜と春菊のグループに分かれました。仲間の多くは野菜を描いていましたが、鮮やかな黄色系で画面をまとめたく春菊を描きました。

P1550379.JPG
04.17  春菊  F6




さて、川口の景観シリーズ追加の第九集も、今回の4点を加えることにより、あと1点を残すのみとなりました。これで359点です。2017年4月21日から描き始めましたので、この1年間は1日1点を描くことに成功した訳です。

IMG_20180419_0002.jpg
No. 356  東川口の中台公園~昆虫のオブジェがある大きな公園です。



IMG_20180419_0004.jpg
No. 357     同上   ~公園の北側にある竹林の小径



IMG_20180419_0006.jpg
No. 358  戸塚下台公園 Ⅰ~戸塚南小学校の後ろを囲むようにきれいな水路を設けてなかなかいい環境を作っていました。ここの背後の高台は、新しい住宅地になっていました。



IMG_20180419_0008.jpg
No. 359  戸塚下台公園 Ⅱ

以上、これで、あとはどう発表したらいいのか、検討していこう、と思っています。これからも描くべきものが出てきたら、第十集の「のんびり集」として描きためていこうと思っています。





nice!(0)  コメント(1) 

04.16  さくら・ヤマブキ・イチリンソウに出会い [川口の景観]

この四月に入って、1日の市内のさくらめぐり、5日の安行・戸塚巡りをもとに9日、自転車でヤマブキとイチリンソウを見て回る。そんな5点を紹介します。第9集もあと、4点となりました。

IMG_20180416_0002.jpg
No. 351  赤山城址の枝垂れ桜~1日の市内さくらバスツァー巡りで撮ったもの。



IMG_20180416_0004.jpg
No. 352  赤山城址隣民家の小さなお庭



IMG_20180416_0006.jpg
No. 353  赤山城址のさくら並木



IMG_20180416_0008.jpg
No. 354  安行自然の森のヤマブキ~9日にゆっくり回って撮った1枚です。



IMG_20180416_0010.jpg
No. 355  安行ふるさとの森のイチリンソウ~イチリンソウの群生地ということであるが、日陰にひっそりと咲いている可愛いお花といった感じです。

以上







nice!(2)  コメント(6) 

04.14  追加の川口の景観5点をどうぞ・・・・! [川口の景観]

第九集の追加の5点を紹介します。

IMG_20180414_0002.jpg
No. 346  川口市立高等学校~川口市立の3校が統合してこの4月から開校となる。3校とは川口市立川口高等学校、川口市立総合高等学校、川口市立県陽高等学校である。



IMG_20180414_0004.jpg
No. 347  川口西公園線路沿いの枝垂桜~再掲分。3月31日に描いてアップしたが、描くリスト順に従い、改めて再掲するものです。



IMG_20180414_0006.jpg
No. 348  旧芝川沿いの川口五色桜の研究路~4月1日市内のさくら巡りツァーに参加して撮った一枚です。



IMG_20180414_0008.jpg
No. 349  道の駅・川口あんぎょう~樹里安(ジュリアン)ともいう。ここもバスツァーの一環として回りました。



IMG_20180414_0010.jpg
No. 350  樹里安まえの枝垂れ桜~一本なのに、ひかり輝いていたのでさくら巡り際、撮ってきたものです。





 

nice!(1)  コメント(6) 

04.12  川口の景観、第九集のつづき・・・を! [川口の景観]

今回の追加5点をどうぞ・・・!

IMG_20180412_0002.jpg
No. 341  川口自然公園



IMG_20180412_0004.jpg
No. 342  台阿弥陀堂の地蔵菩薩の庚申塔~川口市の有形民俗文化財に指定、寛文4年(1664年)と市内でも最も早い時期の庚申塔のです。



IMG_20180412_0006.jpg
No. 343  錫杖寺の庚申塔1



IMG_20180412_0008.jpg
No. 344  新郷貝塚若宮公園裏の墓地の庚申塔~三面を持つ馬頭観音か



IMG_20180412_0010.jpg
No. 345  NHKの川口ラジオ放送塔の鉄塔基礎の遺跡~312.78メートルの鉄塔を支えていたもの


 



nice!(1)  コメント(4) 

04.08  今日は花まつりの日、でも中身は川口の景観5点です [川口の景観]

今回は、第九集のNo. 336~No. 340 の5点です。


IMG_20180408_0002.jpg
No. 336  線路際のキューポラ~京浜東北線の川口駅から赤羽寄りのところのあった形のいいキューポラ、もうだいぶ前にマンションに代わってしまっていた。



IMG_20180408_0004 (2).jpg
No. 337  朝日氷川神社・本殿



IMG_20180408_0006.jpg
No. 338  ときめきランドの北の入口



IMG_20180408_0008.jpg
No. 339  山王橋脇の水門



IMG_20180408_0010.jpg
No. 340  最勝院の飯塚不動堂~横の木戸が開いていたので、入らせて頂いた。庚申塔のないことはわかっていたが、可愛い仏堂と見るからに鮮やかな赤い建物が目を引いたので、撮ってきておいたものです。









nice!(1)  コメント(4) 

04.06  川口の景観、補足分5点をどうぞ・・・・!

3日の火曜日は、青木東の絵画教室、風船などの静物を描く。いつも傾いてしまう苦手な瓶など。

P1550288.JPG
04.03  風船・びんほか F6




さて、川口の景観シリーズも補足分に入りました。
今回の追加は次の5点です。

IMG_20180406_0002.jpg
No. 331  見沼通船堀・見沼代用水西縁




IMG_20180406_0004.jpg
No. 332  寿康会病院ヨコ空地のボロ車~車として珍しいので描くことに




IMG_20180406_0006.jpg
No. 333  安行公園の並木




IMG_20180406_0008.jpg
No. 334  西福寺下からの竹林の小径




IMG_20180406_0010.jpg
No. 335  木漏れ日の道~杭の表示あり
以上






 
nice!(2)  コメント(4) 

04.01  補足集の第一回目 [川口の景観]

いま零時、深夜であるが、新しい4月1日として、第一回目をアップします。
昨日は、まだ大丈夫かな、と心配しながら川口駅西口にある川口西公園へ行ったら、ソメイヨシノはわずかに残っているだけ、色もくすんだ感じ。ただ、何とか咲いているのは枝垂桜だけ、それを一枚描いてきた。

ナンバーは、とびとびになるかと思いますが、そのまま絵についているナンバーとして認めて下さい。

IMG_20180331_0002.jpg
No. 324  芝川のさくらと菜の花~ここの大きな橋は、通船掘橋です。建物は川口短大です。



IMG_20180331_0004.jpg
No. 328  荒川の堤防上の散歩道~絵は、上からの眺めです。



IMG_20180331_0006.jpg
No. 329  しあわせかわの流れⅣ~安行出羽緑道の遊歩道です。



IMG_20180331_0008.jpg
No. 330  原町小学校手前奥の庚申塔~この奥の先は、荒川の土手になります。



IMG_20180331_0010.jpg
No. 347  川口西公園~明日、川口市内の桜の名所めぐりに行く予定ですが、西公園はいいかなーと、行ってみたらがっかり枝垂桜を描くことになったものです。数ヵ所廻る予定ですが、半分でも見映えがすればいいが、と思っています。







 





nice!(0)  コメント(9) 

03.31  いい区切りで第八集を終えることができました! [川口の景観]

最後の2点は、さくらの季節に紅葉とは、これ如何にですが、写真を撮った中では鮮やかさが際立っていました。それが描けるかどうか、ずーと心配していた1点です。


IMG_20180330_0002.jpg
No. 319  有明橋のメタセコイア~説明は上記の通りです。


IMG_20180330_0006.jpg
No. 320  雨水流入ゲート~有明通りと106号の交差点のところ、川なり、ため池等水が覆われていて見えないので、こういったものもあるのか、と取り上げた次第です。
 





nice!(2)  コメント(4) 

03.28  鳩ヶ谷地区の庚申塔5点をどうぞ・・・・! [川口の景観]

今回は、第八集の最後の7点の内の5点、いずれも鳩ヶ谷地区の庚申塔です。

以下紹介致します。
IMG_20180328_0002.jpg
No. 314  常住寺・庚申塔2 ~邪鬼も三猿も 潰れているなど真ん中のお猿さんしかわからず、守っていくことの大切がわかる。



IMG_20180328_0004.jpg
No. 315  常住寺・庚申塔3~これは馬頭観音立像、六臂(腕が6本のこと)あることから庚申塔と判る。この像の額の上に小さな馬が彫られているとのこと、像を見てもよくわからなかったが、ちょっと、珍しいかな、と思います。



IMG_20180328_0006.jpg
No. 316  真福寺・庚申塔(左より)~ここは、非常に大事に設置されているのか、石像の前にガラスケースが置かれていて、斜めからしか見られず、こんな構図になってしまいました。



IMG_20180328_0008.jpg
No. 317  円明庵・庚申塔~邪鬼の姿もいろいろですが、大きな顔が真ん中にある姿は中々のものか、と思います。



IMG_20180328_0010.jpg
No. 318  台阿弥陀・庚申塔~この庚申塔の右側の像は、市の指定有形民俗文化財、そんなこととは知らず、見過ごしてしまいましたが、 いずれ再チェックしようと思っています。






nice!(3)  コメント(2) 

03.26  第八集の5点をどうぞ…! [川口の景観]

川口の景観シリーズも、今回の5点を加えると、あと7点になりました。今月中になんとか当初の目標は達成できそうです。
それでは、5点を紹介致します。

IMG_20180326_0002.jpg
No. 309  福寿院・庚申塔並び~右側の庚申塔は文字、下に3猿があるのも珍しいかもしれません。



IMG_20180326_0004.jpg
No. 310  的場橋水位調節ゲート~見沼代用水東縁にかかるゲートで、ところどころに設けられています。



IMG_20180326_0006.jpg
No. 311  見沼大曲公園~鳩ヶ谷を見沼代用水が巡っており、そのふくらみの一角に高台となっているこの公園があります。



IMG_20180326_0008.jpg
No. 312  実正寺・山門~南鳩ヶ谷3-15-14



IMG_20180326_0010.jpg
No. 313  八幡2丁目稲荷神社~ここには「刀鍛冶の絵図」の表示があります。






 


nice!(2)  コメント(4) 

03.24  石像を主に見て下さい! [川口の景観]

IMG_20180324_0002.jpg
最初は、前回最後のNo.304 で紹介した庚申塔です。
No. 304  法福寺・三面合掌六臂の馬頭観音~間違えてしまいました改めて描き直したものです。


IMG_20180324_0004.jpg
N0. 305  千手院・庚申塔~庚申の文字の石塔、その右側の小さな石塔が次の庚申塔になります。


IMG_20180324_0006.jpg
No. 306  千手院。庚申塔~合掌して立つのは仏さま、地蔵菩薩か、下の三サルが庚申塔のしるし。


IMG_20180324_0008.jpg
No. 307  地蔵院・庚申塔~足下の邪鬼、三猿は花で隠れて顔の一部しか見えない。


IMG_20180324_0010.jpg
No. 308  福寿院・小僧さん






nice!(1)  コメント(2) 

03.21  春になると描くミモザ、川口の景観5点をどうぞ・・・! [川口の景観]

昨日の青木東の教室は、野菜いっぱいだったのに、ミモザを持ってきてくれたので、ミモザを主体に描くことにしました。
P1550186.JPG



今回も、川口の景観を5点紹介します。
IMG_20180321_0002.jpg
No. 300  安行原自然の森 景色3 



IMG_20180321_0012.jpg
No. 301 安行原自然の森 景色4



IMG_20180321_0006.jpg
No. 302  煎餅屋さんのお店~建物が面白いのと、左側の木立に魅かれて



IMG_20180321_0008.jpg
No. 303  伝右川のかかる原新田橋からの眺め~水門とその先の桜並木をねらいに



IMG_20180321_0010.jpg
No. 304  里の法福寺・庚申塔2~ようやく鳩ヶ谷地区に入りました。これからは大部分が鳩ヶ谷地区になります。







nice!(1)  コメント(2) 

03.19  第八集の景色5点をどうぞ・・・! [川口の景観]

3月14日(水)は、久しぶりの文京区音羽の教室、先生の持ってこられたツバキを描きました。ガラスの透明感に魅かれて・・・。
P1550184.JPG

さて、第八集も半ばに達しようとしています。今回は、追加の5点を紹介します。

IMG_20180319_0002.jpg
No. 295  辰井川の柳島・調整池Ⅱ~草加市との境にあります。初めて見たときは、いいところがあるなーと、思いました。小谷場の調整池はさいたま市との境、このように河川が境なっているケースが多いので、こうした景色の良い調整池も境にあることもわかるような気がします。



IMG_20180319_0004.jpg
No. 296  辰井川の柳島の水門



IMG_20180319_0006.jpg
No. 297  本郷橋から見た見沼代用水



IMG_20180319_0008.jpg
No. 298  蛇の木下~安行原蛇造りの拠点、右手奥建物の中に、庚申塔と仏さまが安置されています。



IMG_20180319_0010.jpg
No. 299  辰井川沿いの新郷東部公園・景色2~ここにも一部調整池があります。

あと、1点で300の大台に、やっと目途がついてきたな、という思いです。









 







nice!(1)  コメント(6) 

03.16  川口の景観、第八集の5点をどうぞ・・・・! [川口の景観]

IMG_20180316_0002.jpg
No. 290  五又路辻の庚申塔1~東本郷726-3


IMG_20180316_0004.jpg
No. 291  宝泉寺の石像~獣一面観音、上半身が仏の姿、下半身が神像風の異形で、やさしい童顔の頭に怪獣のような日本のツノと口ひげはやした竜の面が彫られている。十一面の「十」を「獣」にもじった珍しいものです。


IMG_20180316_0006.jpg
No. 292  東養寺の庚申塔~見事な笠を頂いた庚申塔です。


IMG_20180316_0008.jpg
No. 293  峯八幡の参道ヨコにある池の小島の弁財天~なかなかおもむきがあったので対象に選びました。


IMG_20180316_0010.jpg
No. 294  新光寺の庚申塔~峯ヶ岡八幡神社のヨコに落ち着いたきれいな新光寺があります。庚申塔は、入口を入って左側が祠の中にありました。ただ、施錠されていて柵の間から見るしかなく、上の方だけに絞って描くことにしました。

以上の5点です。







nice!(1)  コメント(6) 

03.13  はがき絵シリーズ100点の最後の3点をどうぞ! [川口の景観]

IMG_20180313_0012.jpg
川口グリーンセンターにある8000年前の岩石


IMG_20180313_0014.jpg
しあわせかわにかかる紅葉橋、この川は、絵の反対側に流れていて伝右川にそそいでいます。もう一つのサプライズは、橋の正面に見える「おさるさん」の像です。初めて見るようで、取り上げたものです。


IMG_20180313_0016.jpg
この3月でなくなる川口市立県陽高等学校です。


P1550162.JPG
梅と百合と蜜柑 画面が波打っていたので再掲したものです。








nice!(5)  コメント(6) 

03.13  川口の景観、はがき絵追加の10点を・・・・! [川口の景観]

はがき絵の10点は、以下の通りです。

IMG_20180311_0002.jpg
ときめきランドの安行出羽緑道にかかる桜橋です。この川の名前は、幸福川(しあわせかわ)と読みます。


IMG_20180311_0004.jpg
川口オートレース場の建物です。


IMG_20180311_0006.jpg
新芝川には、橋自体が面白いのがありますが、これはその一つです。


IMG_20180311_0008.jpg
日光御成道の一里塚の一つ(6里目)、「一里塚ポケットパーク」といい、小さな休憩所になっています。


IMG_20180311_0010.jpg
3校合併のため、この3月までの高校の一つ川口市立川口高等学校、いずれ無くなるため描いて置いたものです。


IMG_20180313_0002.jpg
正源寺・山門


IMG_20180313_0004.jpg
この3月でなくなる川口市立川口総合高等学校


IMG_20180313_0006.jpg
川口宿ミニパークにある「川口宿絵図」


IMG_20180313_0008.jpg
東福寺の案内地蔵、可愛いので取り上げました。


IMG_20180313_0010.jpg
妙仙寺交差点角の小さな庚申塔、四辻の角に小さな囲いにありました。これまで気にもせず通り過ぎていましたが、よく見ると庚申塔でした。なんでも確かめることが大切ですね。

以上です。次回に残り3点を紹介します。







nice!(2)  コメント(2) 

03.11  第二弾、はがき絵の追加 [川口の景観]

一昨年、川口市の盛人大学を受講、大学祭のとき、川口市の景観60点を「はがき」に描いて、ここはどこのクイズをしました。その後も17点ほど描いていたので、いずれ100点にまとめようと考えていました。

新しい景観シリーズも最後の第八集と追加の第九集のみ、企画した段階後に出てきた、追加すべきもの、再確認すべきもの、市立高校三校の合併によりこの4月から新しい学校ができるので、いずれ無くなる三校の建物を描いておこうと、そんなことで集めた対象を「はがき絵」と、「景観シリーズ」に振り分け、描いておこうとしたものです。

今回は、追加はがき絵23点の内10点を紹介いたします。

IMG_20180309_0002.jpg
土手の下から見た青木水門です


IMG_20180309_0004.jpg
ときめきランドの外環歩道橋、渡った先はしあわせかわ沿いに安行出羽緑道の遊歩道になっています。突き当りは伝右川になります。


IMG_20180309_0006.jpg
日光御成道沿いの一里塚の表示、古峯神社は川口市源左衛門新田の町会会館の先に小さな祠の神社があります。


IMG_20180309_0008.jpg
興禅院裏の「ふるさとの森」にある13体の石像の案内石で、柵の先に四五メートルごとに設置されています。


IMG_20180309_0010.jpg
鳩ヶ谷本町、日光御成道の中心地、ここに店を構えていました。


IMG_20180309_0012.jpg
青木水門の東側にあるふれあい橋、その横の土手に水害に備えた水位表示あったので、撮ってきたものです。これも初めて見たものなので!


IMG_20180309_0014.jpg
関東郡代伊奈家のお墓がある源長寺の参道です。


IMG_20180309_0016.jpg
川口市の朝日環境センターです。


IMG_20180309_0018.jpg
絵の右側は、市立川口高等学校の校庭です。その真ん中を東京都足立区と川口市の境界線が通っていますので、めずらしいかな、と思って。

IMG_20180309_0020.jpg
辰井公園にある「江戸袋の獅子舞像」です。この公園向こうを見沼代用水東縁が通っています。






nice!(1)  コメント(6) 

03.11  教室の梅と百合、庚申塔4点を [川口の景観]

6日の教室は、梅と百合、みかんも加えて描きました。壺の透明感は逆光で見るときれいなので逆光で描くことにしました。
庚申塔は、4点を紹介します。

No. 286  榛松不動院・庚申塔2
No. 287  榛松不動院・庚申塔3
No. 288  榛松不動院・庚申塔4~これは三面六臂の馬頭観音立像です。
No. 289  五又路辻の庚申塔~辻の小さな建屋に石像が六体、庚申塔は五体ほど並んでいました。次回に、その一体を紹介します。


P1550161.JPG



IMG_20180307_0002.jpg



IMG_20180307_0004.jpg



IMG_20180307_0006.jpg



IMG_20180307_0008.jpg





nice!(1)  コメント(3) 

03.02  愈々第八集に、最初の5点を紹介しましょう! [川口の景観]

愈々、最後の第八集の40点に挑戦です。
今回は、赤井・峯・江戸袋地区を対象にしています。

No. 281  傑伝寺の恵比寿神の祠~東本郷1506
No. 282  宝泉寺の山門~大竹248
No. 283  峯ヶ岡八幡神社~峯1304
No. 284  普門寺の石像3点~庚申塔が2点と観音さまでしょうか
No. 285  榛松不動院の庚申塔1~この庚申塔は腕が4臂(ヒ)、普通腕は左右三本ずつなのに、2本ずつの庚申塔に初めて出会いました。
今回の普門寺、榛松(ハエマツ)不動院には、多くの庚申塔がありますのでお知らせしておきます。


IMG_20180302_0002.jpg



IMG_20180302_0004.jpg



IMG_20180302_0006.jpg



IMG_20180302_0008.jpg



IMG_20180302_0010.jpg













nice!(4)  コメント(6) 

02.23  第七集最後の5点を紹介します。

その前に、20日(火)は、青木東公民館の絵画教室。モチーフはチューリップ。黄色のセットと、赤・白・黄色のセットでしたが、同系色で纏められる黄色のみを描くことにしました。逆光を狙って!

次は川口の景観第七集の残りの5点です。うち4点は興禅院の石塔です。ちょっと偏りすぎたかなー、と思いましたが。
No. 276  興禅院・庚申塔1
No. 277  興禅院・庚申塔2
No. 278  興禅院の草木供養塔~これは興禅院の裏側にある「ふるさとの森」の入口近くにあるものです。この下の方に十三佛や弁財天などがあります。
No. 279  観世音菩薩~山門を入った右手に立っています。お顔がいいので対象に選びました。
No. 280  安行の出羽公園~画面の手前の後ろには、伝右川が流れています。また、画面の先は幸福川となり、安行出羽緑道になっています。さらに進むと、東京外環自動車道にぶつかります。
以上、第七集40点の完了です。


P1550034.JPG



IMG_20180223_0002.jpg



IMG_20180223_0004.jpg



IMG_20180223_0006.jpg



IMG_20180223_0008.jpg



IMG_20180223_0010.jpg





nice!(3)  コメント(8) 

02.18  慈林・安行地区の5点をアップ、第7集もあとわずかに・・! [川口の景観]

第七集もあと、5点を残すのみになりました。
今回は、慈林・安行地区の5点です。

No. 271  矢倉稲荷社~この前のところに有名な小林もみじ園があります。花と緑の振興センター、興禅院と合わせて見るとゆっくり楽しめます。
No. 272  興禅院・弁財天~興禅院の裏の一帯にふるさとの森があり、その一角にある弁財天を祭った祠が今回の対象です。
No. 273  安行吉岡氷川神社~首都高手前を右折したすぐのところにあります。
No. 274  金剛寺の七福神像~モミジで有名なお寺でよく行くのに、庚申塔があるのもわからず、このときは、七福神像を撮ってきたものです。なお、その後の調べで、文字だけの庚申塔があることを確認しました。
No. 275  慈林寺北の路傍の庚申塔~ここも2度目で探し当てた庚申塔です。
以上です。


IMG_20180218_0012.jpg



IMG_20180218_0004.jpg



IMG_20180218_0006.jpg



IMG_20180218_0008.jpg



IMG_20180218_0010.jpg





nice!(2)  コメント(6) 

02.15  “ パン ” と 東川口・戸塚の5つの景色 [川口の景観]

14日は、文京区音羽の教室、先生がお休みなので適当にパンを買ってモチーフにする。長いフランスパンは描くにはいいが、かさばるので止めてしまった。そんなことで、久しぶりにパンを描いてみました。

川口の景観は、東川口・戸塚地区の景色5点になりました。
No. 266  伝右川の龍圦水門
No. 267  伝右川沿いから綾瀬川へのカーブ地点を描く
No. 268  さくら並木の眺めⅢ~ここは境町の遊歩道、第一集No. 39 で紹介しています。
No. 269  戸塚橋の鉄橋、上を武蔵野線が走っています。
No. 270  株・好樹園さんのお庭~外から見てきれいなので、見せて頂いたものです。
以上、そんな5点です。


P1550002.JPG



IMG_20180215_0002.jpg



IMG_20180215_0004.jpg



IMG_20180215_0006.jpg



IMG_20180215_0008.jpg

 

IMG_20180215_0010.jpg





nice!(5)  コメント(4) 

02.10  東川口・戸塚地区の景観5点をどうぞ・・・! [川口の景観]

今回は、綾瀬川、その支流の伝右川の景観4点と、東福寺の庚申塔を紹介します。

No. 261  東福寺・庚申塔2~ここにはいろんな石仏があって気に入っていたが、今回の訪問時点で気になったのは、山門の周辺など、清掃された様子のないこと、木切れ、葉っぱが散らかっていたことです。
No. 262  伝右川に架かる雷電橋から下流を
No. 263  綾瀬川の水門を
No. 264  綾瀬川に係る佐藤橋を望む
No. 264  綾瀬川を渡る武蔵野線の陸橋を
以上



IMG_20180210_0002.jpg



IMG_20180210_0004.jpg



IMG_20180210_0006.jpg



IMG_20180210_0008.jpg



IMG_20180210_0010.jpg








nice!(3)  コメント(4) 

02.08  ジャコバサボテンと川口の景観4点を紹介します [川口の景観]

2月6日の絵画教室は、“ ジャコバサボテン ” の マドンガ 魅惑の花 を描く。これは正面から描きましたが、葉の裏側は、薄青緑が透き通っているようでとっても魅力的でした。描く前にじっくり見ることの必要さを痛感しました。

さて、川口の景観は、今回4点です。
No. 257  花と緑の振興センターの藤と池~県立の植物園、梅園、さくらもあり、ゆっくり楽しめる一角です。すぐ近くに興禅院があります。
No. 258  平沼町会会館~正面は平沼弁財天か、左側の一角に庚申塔があります。
No. 259  石神の御嶽神社~石神1194-11
No..260  西光院の庚申塔~戸塚2-6-29


P1550001.JPG



IMG_20180208_0002.jpg



IMG_20180208_0004.jpg 



IMG_20180208_0006.jpg



IMG_20180208_0008.jpg





nice!(4)  コメント(6) 

02.06  第七集の5点を追加・・・。 [川口の景観]

対象地域では、差間、石神、安行の5点です。

No. 252  真乗院・庚申塔2~石神1253
No. 253   同上・庚申塔3~石神1253
No. 254  川口自然公園
No. 255  東沼神社・富士山山頂の碑~② No.43 に富士山復元の図があります。
No. 256  ふるさとの森の萬葉植物園、その横にイチリンソウの群生地があります。
 

IMG_20180206_0002.jpg



IMG_20180206_0004.jpg



IMG_20180206_0006.jpg



IMG_20180206_0008.jpg



IMG_20180206_0010.jpg





nice!(4)  コメント(4) 

02.03  2月に入っての稲荷神社と庚申塔の5点です [川口の景観]

今回の5点は、木曾呂・石神と京浜東北線から見たら、隔たっている地域にあたります。なお、この第七集は、木曾呂、東川口、戸塚、安行と自然や河川も多く、なかり楽しい集になれば、と思っています。

No. 247  石神の稲荷神社
No. 248  㠀(しま)稲荷神社~安行消防分署前
No. 249  薬王寺の庚申塔2
No. 250  阿弥陀堂・石仏並び
No. 251  女郎佛の庚申塔
以上です。



IMG_20180203_0002.jpg



IMG_20180203_0004.jpg



IMG_20180203_0006.jpg



IMG_20180203_0008.jpg



IMG_20180203_0010.jpg








nice!(1)  コメント(4) 

01.31 1月終りのまとめ [川口の景観]

30日(火)の教室では、青梗菜、ピーマン、パイナップル、デコポン、リンゴなどを描く。

川口の景観は、荒川、綾瀬川、伝右川の景色や、安行地区の風物を主とした第七集に入って、比較的豊かな集になることを期待しています。その積りで描けていけたら、と思っています。

No. 243  荒川からユキヤナギと対岸のエルザタワーを
No. 244  地蔵橋を跨いだ遊歩道の陸橋を
No. 245  江川調整池の運動公園
No. 246  東沼神社を川口自然公園側から描く
以上4点です。


P1540997.JPG



IMG_20180131_0002.jpg



IMG_20180131_0004.jpg



IMG_20180131_0006.jpg



IMG_20180131_0008.jpg





nice!(3)  コメント(8) 

01.27 川口の景観、景色の5点を紹介…!  [川口の景観]

最初は第六集の最後の1点、赤山城址公園です。次に、最近になって見つけた富士塚の2点、川口神社の富士塚、もう一つは笹根稲荷社の富士塚、工事中なのか登って行けずちょっと残念でした。これで、川口市内の富士塚は7点に増えました。この2点は追加集の第九集に入れることにしました。いよいよ第7集に、最初の1点は、新荒川大橋の川口よりの脇にある浄化導水施設の建物です。もう一つは隅田川が新河岸川と岩淵水門に別れるところです。

No. 240  赤山城址公園の景色5
No. 326  川口神社の富士塚~最近になって富士塚があることに気づく。早速、確認に行く、庚申塔はないようでした。
No. 327  笹根稲荷社の富士塚~最初訪ねたときは、富士塚に関心が行かなかったのか、見過ごしてしまいましたが、稲荷社を調べているうちに存在がわかり、再度探索に行ってきました。上を工事しているのか、立ち入り禁止になっていたのがちょっと残念でした。
No. 241  綾瀬川・荒川等浄化導水施設の建物~絵になるかなーと、心配していたものです。
No. 242  隅田川が新河岸川と岩渕水門から荒川へと別れるところです。



IMG_20180127_0002.jpg



IMG_20180127_0004.jpg



IMG_20180127_0006.jpg



IMG_20180127_0008.jpg



IMG_20180127_0010.jpg





nice!(2)  コメント(6) 

01.23  第六集の残りの庚申塔5点、あと景色1点で完了に・・! [川口の景観]

今回の庚申塔は、5点とも川口グリーンセンター、その外周地域のものです。
詳細は、次の通りです。

No. 235  安行領根岸の祠のヨコの地蔵さん
No. 236  妙蔵寺・庚申塔3~妙蔵橋を渡り階段を登り切った左手の小屋の中にきれいに並んでいた。きちんとしているのはいいが、重なり合っているのが何とも残念な思いでした。
No. 237  大徳寺の庚申塔
No. 238  多宝院・庚申塔1~No.229 の右手の木の手前に石像が並んでいます。その一体です。
No. 239  日枝神社・庚申塔~横が山王神社(赤井218)になります。この一帯は関東郡代伊奈家の城址のあったところ、格好の散策場所になっています。


IMG_20180123_0002.jpg


IMG_20180123_0004.jpg


IMG_20180123_0006.jpg


IMG_20180123_0008.jpg


IMG_20180123_0010.jpg

















nice!(2)  コメント(4) 

01.20  引き続き、川口の景観第六集の寺院・神社をどうぞ・・! [川口の景観]

今回は、川口の景観だけを紹介します。

No. 230  鎮守子日宮~新井宿155
No. 231  西新井宿の氷川神社~西新井宿352
No. 232  伏見稲荷・笹根稲荷社~西新井宿503-1、この稲荷社の左手を上がったところに富士塚があります。
No. 233  赤芝新田の稲荷神社~赤芝新田264
No. 234  赤井氷川神社階段脇の巨木~赤井88
以上


IMG_20180120_0002.jpg


IMG_20180120_0004.jpg


IMG_20180120_0006.jpg


IMG_20180120_0008.jpg


IMG_20180120_0010.jpg






nice!(3)  コメント(6) 
前の30件 | -
メッセージを送る