So-net無料ブログ作成
前の30件 | -

02.18  慈林・安行地区の5点をアップ、第7集もあとわずかに・・! [川口の景観]

第七集もあと、5点を残すのみになりました。
今回は、慈林・安行地区の5点です。

No. 271  矢倉稲荷社~この前のところに有名な小林もみじ園があります。花と緑の振興センター、興禅院と合わせて見るとゆっくり楽しめます。
No. 272  興禅院・弁財天~興禅院の裏の一帯にふるさとの森があり、その一角にある弁財天を祭った祠が今回の対象です。
No. 273  安行吉岡氷川神社~首都高手前を右折したすぐのところにあります。
No. 274  金剛寺の七福神像~モミジで有名なお寺でよく行くのに、庚申塔があるのもわからず、このときは、七福神像を撮ってきたものです。なお、その後の調べで、文字だけの庚申塔があることを確認しました。
No. 275  慈林寺北の路傍の庚申塔~ここも2度目で探し当てた庚申塔です。
以上です。


IMG_20180218_0012.jpg



IMG_20180218_0004.jpg



IMG_20180218_0006.jpg



IMG_20180218_0008.jpg



IMG_20180218_0010.jpg





nice!(1)  コメント(0) 

02.15  “ パン ” と 東川口・戸塚の5つの景色 [川口の景観]

14日は、文京区音羽の教室、先生がお休みなので適当にパンを買ってモチーフにする。長いフランスパンは描くにはいいが、かさばるので止めてしまった。そんなことで、久しぶりにパンを描いてみました。

川口の景観は、東川口・戸塚地区の景色5点になりました。
No. 266  伝右川の龍圦水門
No. 267  伝右川沿いから綾瀬川へのカーブ地点を描く
No. 268  さくら並木の眺めⅢ~ここは境町の遊歩道、第一集No. 39 で紹介しています。
No. 269  戸塚橋の鉄橋、上を武蔵野線が走っています。
No. 270  株・好樹園さんのお庭~外から見てきれいなので、見せて頂いたものです。
以上、そんな5点です。


P1550002.JPG



IMG_20180215_0002.jpg



IMG_20180215_0004.jpg



IMG_20180215_0006.jpg



IMG_20180215_0008.jpg

 

IMG_20180215_0010.jpg





nice!(4)  コメント(4) 

02.10  東川口・戸塚地区の景観5点をどうぞ・・・! [川口の景観]

今回は、綾瀬川、その支流の伝右川の景観4点と、東福寺の庚申塔を紹介します。

No. 261  東福寺・庚申塔2~ここにはいろんな石仏があって気に入っていたが、今回の訪問時点で気になったのは、山門の周辺など、清掃された様子のないこと、木切れ、葉っぱが散らかっていたことです。
No. 262  伝右川に架かる雷電橋から下流を
No. 263  綾瀬川の水門を
No. 264  綾瀬川に係る佐藤橋を望む
No. 264  綾瀬川を渡る武蔵野線の陸橋を
以上



IMG_20180210_0002.jpg



IMG_20180210_0004.jpg



IMG_20180210_0006.jpg



IMG_20180210_0008.jpg



IMG_20180210_0010.jpg








nice!(2)  コメント(4) 

02.08  ジャコバサボテンと川口の景観4点を紹介します [川口の景観]

2月6日の絵画教室は、“ ジャコバサボテン ” の マドンガ 魅惑の花 を描く。これは正面から描きましたが、葉の裏側は、薄青緑が透き通っているようでとっても魅力的でした。描く前にじっくり見ることの必要さを痛感しました。

さて、川口の景観は、今回4点です。
No. 257  花と緑の振興センターの藤と池~県立の植物園、梅園、さくらもあり、ゆっくり楽しめる一角です。すぐ近くに興禅院があります。
No. 258  平沼町会会館~正面は平沼弁財天か、左側の一角に庚申塔があります。
No. 259  石神の御嶽神社~石神1194-11
No..260  西光院の庚申塔~戸塚2-6-29


P1550001.JPG



IMG_20180208_0002.jpg



IMG_20180208_0004.jpg 



IMG_20180208_0006.jpg



IMG_20180208_0008.jpg





nice!(3)  コメント(6) 

02.06  第七集の5点を追加・・・。 [川口の景観]

対象地域では、差間、石神、安行の5点です。

No. 252  真乗院・庚申塔2~石神1253
No. 253   同上・庚申塔3~石神1253
No. 254  川口自然公園
No. 255  東沼神社・富士山山頂の碑~② No.43 に富士山復元の図があります。
No. 256  ふるさとの森の萬葉植物園、その横にイチリンソウの群生地があります。
 

IMG_20180206_0002.jpg



IMG_20180206_0004.jpg



IMG_20180206_0006.jpg



IMG_20180206_0008.jpg



IMG_20180206_0010.jpg





nice!(3)  コメント(4) 

02.03  2月に入っての稲荷神社と庚申塔の5点です [川口の景観]

今回の5点は、木曾呂・石神と京浜東北線から見たら、隔たっている地域にあたります。なお、この第七集は、木曾呂、東川口、戸塚、安行と自然や河川も多く、なかり楽しい集になれば、と思っています。

No. 247  石神の稲荷神社
No. 248  㠀(しま)稲荷神社~安行消防分署前
No. 249  薬王寺の庚申塔2
No. 250  阿弥陀堂・石仏並び
No. 251  女郎佛の庚申塔
以上です。



IMG_20180203_0002.jpg



IMG_20180203_0004.jpg



IMG_20180203_0006.jpg



IMG_20180203_0008.jpg



IMG_20180203_0010.jpg








nice!(1)  コメント(4) 

01.31 1月終りのまとめ [川口の景観]

30日(火)の教室では、青梗菜、ピーマン、パイナップル、デコポン、リンゴなどを描く。

川口の景観は、荒川、綾瀬川、伝右川の景色や、安行地区の風物を主とした第七集に入って、比較的豊かな集になることを期待しています。その積りで描けていけたら、と思っています。

No. 243  荒川からユキヤナギと対岸のエルザタワーを
No. 244  地蔵橋を跨いだ遊歩道の陸橋を
No. 245  江川調整池の運動公園
No. 246  東沼神社を川口自然公園側から描く
以上4点です。


P1540997.JPG



IMG_20180131_0002.jpg



IMG_20180131_0004.jpg



IMG_20180131_0006.jpg



IMG_20180131_0008.jpg





nice!(3)  コメント(8) 

01.27 川口の景観、景色の5点を紹介…!  [川口の景観]

最初は第六集の最後の1点、赤山城址公園です。次に、最近になって見つけた富士塚の2点、川口神社の富士塚、もう一つは笹根稲荷社の富士塚、工事中なのか登って行けずちょっと残念でした。これで、川口市内の富士塚は7点に増えました。この2点は追加集の第九集に入れることにしました。いよいよ第7集に、最初の1点は、新荒川大橋の川口よりの脇にある浄化導水施設の建物です。もう一つは隅田川が新河岸川と岩淵水門に別れるところです。

No. 240  赤山城址公園の景色5
No. 326  川口神社の富士塚~最近になって富士塚があることに気づく。早速、確認に行く、庚申塔はないようでした。
No. 327  笹根稲荷社の富士塚~最初訪ねたときは、富士塚に関心が行かなかったのか、見過ごしてしまいましたが、稲荷社を調べているうちに存在がわかり、再度探索に行ってきました。上を工事しているのか、立ち入り禁止になっていたのがちょっと残念でした。
No. 241  綾瀬川・荒川等浄化導水施設の建物~絵になるかなーと、心配していたものです。
No. 242  隅田川が新河岸川と岩渕水門から荒川へと別れるところです。



IMG_20180127_0002.jpg



IMG_20180127_0004.jpg



IMG_20180127_0006.jpg



IMG_20180127_0008.jpg



IMG_20180127_0010.jpg





nice!(2)  コメント(6) 

01.23  第六集の残りの庚申塔5点、あと景色1点で完了に・・! [川口の景観]

今回の庚申塔は、5点とも川口グリーンセンター、その外周地域のものです。
詳細は、次の通りです。

No. 235  安行領根岸の祠のヨコの地蔵さん
No. 236  妙蔵寺・庚申塔3~妙蔵橋を渡り階段を登り切った左手の小屋の中にきれいに並んでいた。きちんとしているのはいいが、重なり合っているのが何とも残念な思いでした。
No. 237  大徳寺の庚申塔
No. 238  多宝院・庚申塔1~No.229 の右手の木の手前に石像が並んでいます。その一体です。
No. 239  日枝神社・庚申塔~横が山王神社(赤井218)になります。この一帯は関東郡代伊奈家の城址のあったところ、格好の散策場所になっています。


IMG_20180123_0002.jpg


IMG_20180123_0004.jpg


IMG_20180123_0006.jpg


IMG_20180123_0008.jpg


IMG_20180123_0010.jpg

















nice!(2)  コメント(4) 

01.20  引き続き、川口の景観第六集の寺院・神社をどうぞ・・! [川口の景観]

今回は、川口の景観だけを紹介します。

No. 230  鎮守子日宮~新井宿155
No. 231  西新井宿の氷川神社~西新井宿352
No. 232  伏見稲荷・笹根稲荷社~西新井宿503-1、この稲荷社の左手を上がったところに富士塚があります。
No. 233  赤芝新田の稲荷神社~赤芝新田264
No. 234  赤井氷川神社階段脇の巨木~赤井88
以上


IMG_20180120_0002.jpg


IMG_20180120_0004.jpg


IMG_20180120_0006.jpg


IMG_20180120_0008.jpg


IMG_20180120_0010.jpg






nice!(3)  コメント(6) 

01.18 青木東の教室で“ セネッティ ” を、景観はグリーンセンターの外周を・・ [川口の景観]

川口の景観は、最初の一件を除き、⑥ 地区の川口グリーンセンターとその外周が主となります。次回以降の11件もすべて同地域のものです。

16日の最初の教室では、キク科サイネリアの園芸品種のセネッティを描きました。花の色は赤と紫色がありましたが、紫を選びました。

川口の景観は、次の4点です。
No. 226  小谷場の稲荷神社~⑤ の芝地区のものです。
No. 227  妙蔵寺・本堂~ここはNo. 140 (2017/9/9)で妙蔵寺橋からの眺めを描いています。
No. 228  大徳寺の山門
No. 229  戒光寺・多宝院~この絵の巨木の手前に庚申塔や地蔵さんが並んでいます。その庚申塔は、No.238 で描くことにしています。
以上


P1540994.JPG
01.16  セネッティ  F6


IMG_20180118_0002.jpg


IMG_20180118_0004.jpg


IMG_20180118_0006.jpg


IMG_20180118_0008.jpg





nice!(1)  コメント(2) 

01.16 芝地区の庚申塔を [川口の景観]

第六集は、地区別では ① 川口駅東口、② 川口駅西口、③ 元郷・領家、④ 西川口・青木町、⑤ 芝、⑥ グリーンセンターを対象にしていますが、今回一件だけ、以前取り上げたものをセレクトしてしまったため、別の地区のものを組み入れています。

No. 221  地藏堂墓地の仏塔~上青木6-12 これは道標のようですね。
No. 222  地藏堂墓地・庚申塔2
No. 223  網代橋先の土手の地蔵さん
No. 224  榛松不動院・庚申塔上ナシ~これは⑩ 赤井・峯・江戸袋地区の対象物です。正常な庚申塔はまだいろいろありますが、上半身のないものを選んだのは、このようにきれいに設置されていたためです。そう、すべての庚申塔がこのように扱われてほしいと思いまして。
No. 225  伊刈排水機場~河川は芝川です。


IMG_20180116_0002.jpg


IMG_20180116_0004.jpg


IMG_20180116_0006.jpg


IMG_20180116_0008.jpg


IMG_20180116_0010.jpg












nice!(2)  コメント(6) 

01.11  “音羽アカデミー”の最初の教室でツバキと犬を描く [川口の景観]

10日は、文京区音羽アカデミーでの最初の絵画教室、先生が持ってこられたツバキと犬を描く。古い置物の可愛い犬です。

後は、川口の景観6点です。これらは、すべて芝地区の対象物です。これで、第六集も半ばになりました。どうぞ、ご覧になって下さい。
No. 215  柳崎氷川神社の賽銭箱に寛ぐねこ~ここでよく日向ぼっこをしているそうですよ。
No. 216  伊刈力神社
No. 217  地藏堂墓地の庚申塔~観音さまのようですね。三猿で何となく庚申塔と判ります。
No. 218  観音寺・寂楽西の庚申塔3~西と東と大きな墓地の一角に。
No. 219  観音寺・寂楽東の庚申塔1
No. 220      同上  庚申塔2
以上です。 


P1540983.JPG
01.10 ツバキと犬


IMG_20180111_0002.jpg


IMG_20180111_0004.jpg


IMG_20180111_0006.jpg


IMG_20180111_0008.jpg


IMG_20180111_0010.jpg


IMG_20180111_0012.jpg

nice!(2)  コメント(6) 

01.08  正月明け、川口の景観5点をどうぞ !! [川口の景観]

今日から年賀はがきも、10円貼ることに!

川口の景観作成も、ほぼ目途がついてきましたので、これからはじっくり一日一枚のベースで描いていこうと思っています。今回の地域は、青木と芝の5点です。

No. 210  龍泉寺の庚申塔3~青木5丁目
No. 211  良光院の庚申塔~中青木4丁目
No. 212  竪川沿いから館川樋門を~ここの景色は好きで、いろんな角度から写真を撮ってきました。以前描いたNo. 18 は、左サイドよりのものでした。いいところをトリミングすると、結果はほぼ同じ構図になってしまいましたね。ちょっと、触りすぎました。
No. 213  芝西にある如意輪観音堂
No. 214  須賀神社~芝2795
以上5点です。  


IMG_20180108_0002.jpg


IMG_20180108_0004.jpg


IMG_20180108_0006.jpg


IMG_20180108_0008.jpg


IMG_20180108_0010.jpg






nice!(0)  コメント(4) 

01.03 あけましておめでとうございます。 [川口の景観]

今年も、よろしくお願い申し上げます。
皆さまにとり素晴らしいとになりますように願っています。

2018年最初の掲載ですが、暮れから描いた5点です。いずれも元郷・領家と青木地区のものです。
No. 205  不動堂墓地の庚申塔2
No. 206  芝川水門と新芝川排水機場
No. 207  芝川の榎木橋を下流から望む
No. 208  感応寺の観音さまか
No. 209  龍泉寺の庚申塔2 


IMG_20180103_0002.jpg


IMG_20180103_0004.jpg


IMG_20180103_0006.jpg


IMG_20180103_0008.jpg


IMG_20180103_0010.jpg




   
nice!(2)  コメント(4) 

12.29 今年の終りに、福寿草と川口の景観を・・・! [川口の景観]

新年を迎えるに当たって、福寿草を取り上げてみました。
ちょっと間が空きましたが、川口の景観も、やっと第六集に入りました。

この間、描く対象の寺院、庚申塔について調べものをしていました。
100近くある寺院について、どの地区にどの宗派が多いのか、ということです。真言宗が約5割、うち智山派が8割を占めていました。また、曹洞宗、浄土宗、日蓮宗が約1割ずつといった感じです。
また、庚申塔については、どの地域に多いのか、建立されたのが江戸時代のいつ頃なのかについてです。なお、庚申塔は描く対象の102体について調べました。1601年から1840年まで10年単位で見ると、元禄の1691年から享保の次の元文の1740年までの50年間に46体の約45%と多かったことです。地域別では、③の元郷・領家地区と、⑩の赤井、峯、榛松、東本郷などの地区でした。その背景などについては、その根拠を少しずつ解明出来たらと考えています。

今回は、5件でなく、4件の紹介です。
No. 201  母子・父子福祉センター~建物が市の有形文化財になっています。
No. 202  芝川排水機場~右奥の工場がNo. 40 で取り上げた〔 株・永瀬工場 〕です。この工場の先は、荒川になります。
No. 203  荒川が三領水門のところから菖蒲川になり、川に沿って川口金属工場が見えます。この菖蒲川は戸田ボート場に通じています。
No. 204  実相寺のきれいな祠~黒の色が輝いて見えたので描くことにしました。
以上4点は、川口駅に比較的近い対象となっています。 


IMG_20171225_0002.jpg


IMG_20171229_0002.jpg


IMG_20171229_0004.jpg


IMG_20171229_0006.jpg


IMG_20171229_0008.jpg





nice!(3)  コメント(9) 

12.08  庚申塔シリーズ篇もやっと完成しました ! [川口の景観]

最後の5点は、鳩ヶ谷とその周辺地区の庚申塔です。

No. 196  西新井宿42の庚申塔~二度三度探した庚申塔です。日光御成道の通りの一方が旧鳩ヶ谷市の桜町、反対側は川口市の西新井宿、結果的には、地図で確認、坂を上がった先に見つけました。
No. 197  平柳公園近くの祠の庚申塔~三ツ和2-24、この地区は初めてだったので探すのに苦労した。
No. 198  浄三寺跡の庚申塔~三ツ和2-32-4
No. 199  34号沿いの神明社の庚申塔~赤井1-16-9
No. 200  江戸2-4の庚申塔



IMG_20171208_0002.jpg


IMG_20171208_0004.jpg


IMG_20171208_0006.jpg


IMG_20171208_0008.jpg


IMG_20171208_0010.jpg


P1540888.JPG
12.05 ガーベラとパンジー F6







nice!(4)  コメント(8) 

12.05  第五集もあと少しに・・・! [川口の景観]

今回の5点は、区分番号⑨の安行地域が主になっています。

No. 191  新郷東小学校脇の路傍の庚申塔(新堀805)
No. 192  安行原かごや先の庚申塔
No. 193  蛇の木下の庚申塔~ここが安行原蛇造りの場所です。
No. 194  辰井川岸の路傍の庚申塔
No. 195  安行中下の路傍の庚申塔~この脇の水路沿いを行ったところに「ふるさとの森」があり、ここにイチリンソウの群生地があります。


IMG_20171205_0002.jpg


IMG_20171205_0004.jpg


IMG_20171205_0006.jpg


IMG_20171205_0008.jpg


IMG_20171205_0010.jpg








nice!(3)  コメント(8) 

11.30  地図表示 ⑨ の安行地区の庚申塔を主に [川口の景観]

川口の景観第五集の庚申塔篇は、今回で30点になりました。今回アップの5点は、安行の周辺地区に位置し、探してこんなところに、また像の一部が欠けていたり、そんな庚申塔を取り上げてみました。

No. 186  安行吉岡交差点先を左折戻ったところに祠に入った庚申塔を見つける。
No. 187  この近くには何回も行っているのに、意識して庚申塔を見たのは初めてでした。場所は花と緑の振興センターのバス停の後ろ側に、像で分かるのは三猿のみ。
No. 188  この像の少し先を左に上ったところに、像の凹凸が見えるが、表情はほとんど変わらない状態でしたが、こうした庚申塔もあるんだと、挙げてみました。
No. 189  八幡社で墓地の中にあるのかと探すもわからず、二度目に行ったとき、その脇を進んでいったら庚申塔があった。この時は本当にうれしかった。ただ、周りの植木が邪魔になって枝をよけながら、片手で撮ったものです。庚申塔を守っていくには、像がよく見えるように一部枝を払うなりしてほしい、と感じました。
No. 190  榛松(ハエマツ)1-10の祠の庚申塔。

昨日は、スケッチ日和、歩いて5分の所にある青木町公園の紅葉を描きに行ってきました。  



IMG_20171130_0004.jpg



IMG_20171130_0006.jpg



IMG_20171130_0008.jpg



IMG_20171130_0010.jpg



IMG_20171130_0012.jpg



IMG_20171130_0002.jpg
11.29  青木町公園  SM








nice!(0)  コメント(4) 

11.26  東川口方面の庚申塔5点のほか、追加の5点を・・・! [川口の景観]

No. 181  平沼町会会館・庚申塔
No. 182  民家の中の庚申塔~場所は東川口6-13、地図でどう探しても民家に該当、お訪ねしたら畑になっている庭の端に二体並んでいた。半分壊れかけている状態、それで新しく彫ってもらったとのこと。外から気兼ねなく拝観できるようになっていたら、と思う。その時は、まだ周りが整っていなかったが。
No. 183  藤右衛門新田町会の庚申塔
No. 184  長泉院墓地の庚申塔~住所は安行藤八805、いろんな石仏が重なり合っている中に庚申塔を見つけた時はうれしかったが、手前の像が邪魔して全体像が確認できず、上半身を上から眺めた感じになってしまいました。まあー、これもやむえないか。お墓を整備するとき、庚申塔があったら別に設置場所を確保するなりしてほしい、と思います。
No. 185  長蔵新田町会会館の庚申塔
今回の3件についてみると、各町会ごとに庚申塔があり、地区の守り神になってきたのかなー、と思われてきます。

川口景観の追加
21日青木東公民館の写生会、川口駅西口公園、この日は風が強くて寒かったです。
22日は音羽の教室、写真をもとに鋳物工場の様子を2点描く。
25日は笠井一男先生の個展に見に相模湖へ、その後湖水をスケッチ。風もなく暖かで最高のスケッチ日和でした。そんな5点もアップしますので見て下さい。


IMG_20171126_0002.jpg


IMG_20171126_0004.jpg


IMG_20171126_0006.jpg


IMG_20171126_0008.jpg


IMG_20171126_0010.jpg


IMG_20171126_0016.jpg


IMG_20171126_0018.jpg


IMG_20171126_0012.jpg


IMG_20171126_0014.jpg


P1540756.JPG
11.25  相模湖  F6





nice!(2)  コメント(4) 

11.18  庚申塔シリーズも半ばになりました・・! [川口の景観]

昨日、今日と家にいることで、庚申塔に集中することができました。
そんなことで、今回も5点紹介いたします。

No. 176  在家公園の庚申塔~当時探索で回っていた時、午後の2時、3時近くになると日が傾き、逆光になったりしたら、うまく撮れないことがよくありました。この場合は、その上柵が邪魔でした。そんな1枚です。
No. 177  在家町会会館の庚申塔~在家公園の前に町会会館があり、その横に立っていました。
No. 178  神戸町会会館の庚申塔1~町会会館の裏に墓地があり、その一角に庚申塔がありました。回っていて、町会会館と墓地が並んでいるケースは再三見ることができました。
No. 179  下山口新田稲荷の庚申塔(文字)~この稲荷神社の裏側は、見沼通船掘が通っているところです。
No. 180  差間南バス停前の小さな祠の石塔~偶然、自転車で通っているとき見つけた祠ですが、石塔に何が彫られているのかわかりませんが、祠があって、花が飾られていることから、まあいいか、と取り上げだものです。

以上そんな5点のほか、枝付きの柚子を頂いたので同じサムホールで描いて見ました。


IMG_20171118_0004.jpg


IMG_20171118_0006.jpg


IMG_20171118_0008.jpg


IMG_20171118_0010.jpg


IMG_20171118_0012.jpg



IMG_20171118_0002.jpg
11.16  柚子  SM






nice!(1)  コメント(10) 

11.15  庚申塔に集中して‥・! [川口の景観]

少しでも挽回しようと、ここ二三日集中して“ 庚申塔 ” を描いてみました。
つぎは、そんな5点です。

No. 171  東京外環ヨコの水路沿いの庚申塔(文字)~この庚申塔は、芝川沿いの柳崎排水機場の裏の通りを外環を越えて戻ってくるとき、水路は藤右衛門川か、この橋のところで偶然見つけたもので、本当にうれしかった。
No. 172  川口Jctの新井宿側にある特養ホームの一角の空地の庚申塔~草茫々、かわいそうな感じ。
No. 173  笹根稲荷社横の庚申塔
No. 174  ヒツジの居る先の繁みの中の庚申塔~ここは中々探してもわからず、表通りの神根公民館に行って聞いたり、住まいの人に聞いたりした。最後に近くに住んでいる人から、ここは「ねこ墓場」と呼ばれているところだと。木々の隙間から入ってみたら、石仏など数体が傾いていたり、倒れていたり、そんな中で、2体の庚申塔を見つけて撮ってきたものです。台座から外れていたりしていたが、2体一緒描いておこうと、角地の具合も入れて描いてみました。
これまで、見た中で一番やりきれない思いをした1件です。地区の人たちがみんなで守らねば、とつくづく感じました。市の行政も関心を持つべきものとも思いました。
No. 175  源左衛門新田町会会館前の庚申塔


IMG_20171115_0002.jpg


IMG_20171115_0004.jpg


IMG_20171115_0006.jpg


IMG_20171115_0008.jpg


IMG_20171115_0010.jpg














nice!(3)  コメント(8) 

11.12  間が空きましたが引き続き〔 庚申塔 〕をどうぞ! [川口の景観]

旅行したり、風邪を引いたりなどして、川口の景観・庚申塔の進展が滞ってしまいました。
ここ二三日前からやっと普段の状態に戻って、今回の掲載にこぎつけました。

今回の5件を紹介したします。
No. 166  西川口3-5の路傍(④)
No. 167  芝小西南角の庚申塔(⑤)
N0. 168  芝高木町会会館・庚申塔(⑤)
No. 169  芝高木1-20駐車場角の庚申塔(⑤)
N0. 170  芝支所交差点北東の庚申塔(⑤)
( ) 内の数字は、川口の地図の位置をおおよそ示しています。
http://makino-kazuo-2.blog.so-net.ne.jp/2017-09-28



IMG_20171112_0002.jpg 


IMG_20171112_0004.jpg


IMG_20171112_0006.jpg


IMG_20171112_0008.jpg


IMG_20171112_0010.jpg


次は、8日の音羽の教室で描いたものです。
P1540706.JPG
11.08  静物ーⅠ F6 




nice!(2)  コメント(6) 

10.30  台風も去って、文化祭も終り10月のまとめを・・・! [川口の景観]

10月はいろいろありました。
二つの台風が来て、
行田のさきたま古墳見学、二泊三日の奥越後・奥信濃などのダム湖めぐり、
知り合いの個展飾りつけの手伝い、文化祭・絵画クラブの手伝い、孫の大学祭見学、
3ヶ月に一回の検診2つ、その他。

そんなことで、第五集に入った庚申塔の作画が一向に進んでいません。
とりあえず、最初の5点のみを紹介します。
()内の数字は、川口の地図の位置をおおよそ示しています。
http://makino-kazuo-2.blog.so-net.ne.jp/2017-09-28

No. 161  122号本町交差点南側の路傍(①)
No. 162  仲町2の路傍(②)
No. 163  川口労働基準監督署裏墓地の庚申塔(②)
No. 164  元郷圦の口・庚申塔(文字)(③)~122号の一本裏の通り
No. 165  元郷氷川神社裏の庚申塔(③)

下の果物は、17日の青木東の教室で描いたものです。

IMG_20171030_0002.jpg


IMG_20171030_0004.jpg


IMG_20171030_0006.jpg


IMG_20171030_0008.jpg


IMG_20171030_0010.jpg


P1540702.JPG
10.17  くだもの  F6



nice!(4)  コメント(8) 

10.13  今回の4点で第四集40点は完了に! [川口の景観]

今年の4月21日からSM(サムホール)で川口の景観を描き始めて、今日で176日目。第四集まで160点、ほぼ1日1点描いてきたことになります。この集は、鋳物工場と寺院・神社に絞って描いてきました。つぎの第五集は、すべて庚申塔の予定です。できるだけ12地域に分散するように配慮していきます。

さて、今回の4点は、江戸・江戸袋と、旧鳩ヶ谷地区になります。
No. 157  古桂山東光院山門~すぐ近くに新郷工業団地があり、鋳物工場もかなり集中していました。
No. 158  江戸袋氷川神社~新郷工業団地交差点を右に行くと工業団地に、直進するとこの氷川神社が見えてきます。
No. 159  千手院入口~見沼代用水沿いに文化放送のある赤井方面に向かっていくとあります。
No. 160  真福寺・本堂~芝川の天神橋を渡って少し行った左手奥にあります。
参考に、地図等で確認して下さい。
http://makino-kazuo-2.blog.so-net.ne.jp/2017-09-28


IMG_20171013_0002.jpg


IMG_20171013_0004.jpg


IMG_20171013_0006.jpg


IMG_20171013_0008.jpg




nice!(3)  コメント(8) 

10.10  赤井・安行・峯地区の寺社5点 [川口の景観]

教室があったり、5日には行田の「さきたま古墳」を見 学したりして、このところ川口景観への対応が遅れています。ちょっと、集中力が途切れているように思います。

地区の区割りを変えたせいか、掲題の地区の割合が少し増えたようです。
さて、今回の5点を紹介します。どのあたりかは、下のURLをクリックして下さい。
No. 152  榛松(ハエマツ)不動院~首都高川口線を越え更に右側に、⑩の表示の少し下あたり。
No. 153  歓喜院~新堀地区、榛松よりさらに右側へ行ったところ
No. 154
 圓通寺~赤井地区、文化放送に隣接、高台にあります。
No. 155  東本郷氷川神社~赤井地区から下がったとこ ろ
No. 156  九重神社入口~安行原の密蔵院の隣。
http://makino-kazuo-2.blog.so-net.ne.jp/2017-09-28  〕


IMG_20171010_0002.jpg


IMG_20171010_0004.jpg


IMG_20171010_0006.jpg


IMG_20171010_0008.jpg


IMG_20171010_0010.jpg


なお、3日の教室では、みかんを描いたので、忘れないうちにアップしておきます。

P1540370.JPG
10.03  みかん  F6







nice!(3)  コメント(4) 

10.01  川口景観の第四集、戸塚・安行地区を [川口の景観]

今回は、市内地図と地域区分表を前々回掲載していますので、それを参考に見て下されば、と思います。〔 09.28  川口市地図と12区分表 http://makino-kazuo-2.blog.so-net.ne.jp/2017-09-28  〕

区分〔8〕No. 147  諏訪神社~東川口で武蔵野線を超えたところ。日光御成街道沿いにあり、第10代将軍徳川家治、12代将軍徳川家慶の小休所となりました。
以下四件は、区分〔9〕です。
No. 148  宝厳院・山門~地図では、鳩ヶ谷駅から右へ⑪から⑨へ渡ってすぐのところ。
No. 149  金剛寺入口~モミジの紅葉で有名なところ、宝厳院をさらに右へ、首都高川口線を越え、右上に行ったところ。
No. 150  安行氷川神社~地図で言うと、興禅院の左上あたりです。
No. 151  金剛寺・本堂~No. 149 と同じ。

IMG_20171001_0002.jpg


IMG_20171001_0004.jpg


IMG_20171001_0006.jpg


IMG_20171001_0008.jpg


IMG_20171001_0010.jpg



nice!(2)  コメント(8) 

0929  真壁のスケッチと青木東の教室では柘榴を [絵画教室]

台風一過の翌々日の19日、真壁へマイクロバスでスケッチに、参加者は15名。翌日に比べ日差しも穏やかになり、まことスケッチ日和になりました。
古い街並みは残っていましたが、江戸時代から酒造業者の煙突と建屋に魅かれ、これを描くことに。真壁は、2月から3月にかけひな祭りが盛んで、古い商店がそれぞれお雛さまを飾り、来客者にお見せするそうです。

P1540333.JPG



26日のモチーフは、柘榴と秋の草花、柘榴を描くことに。

P1540342.JPG
09.26  柘榴  F6




nice!(2)  コメント(6) 

09.28  川口市地図と12区分表 [川口の景観]

川口の景観の作品をアップしていますが、どこのあたりにあるのか、多少ともわかるように、地図と、12の区分した地区一覧表を載せましたので、今後掲載した画像はどのあたりか、確認するとき、ここに戻って確認して下されば、と思います。
なお、地図、一覧表を見る時は、画像の上をクリックすると、拡大表示されます。また、二度クリックすると全体が表示されて見やすいようです。念のため。




IMG_20170928_0002.jpg
1. 赤の丸印は、12の地区を示しています。また、青の丸印は川口に16ある河川の表示です。


IMG_20171014_0002_0001.jpg
No の数字は、地図の丸印の番号に符合します。


nice!(1)  コメント(2) 

川口の景観~木曾呂・差間・戸塚の寺院を [川口の景観]

前回の寺院掲載から、ちょっと間が空きましたが、この間お手伝い二件、墓参り、真壁への青木東のスケッチ旅行とバタバタしていましたが、やっと落ち着きました。
表題の寺院の位置は、川口駅、西川口駅の京浜東北線から一番遠いところにあります。

それでは、5点を紹介します。
No. 142  阿弥陀堂~木曾呂810
No. 143  真乗院~石神1253
No. 144  浅間山興照寺・本堂~差間2-13-5、川口自然公園が近くにあります。
No. 145  西光院・本堂~戸塚2-6-29
No. 146  東福寺・山門~戸塚4152、ここは、以前スケッチに来たことがあり、期待して再度訪ねたが、入口の山門の周りは、雑然としており、きれいに掃き清められていたら、と残念でなりません。今回は、三体の像を中心に描いています。


IMG_20170924_0002.jpg


IMG_20170924_0004.jpg


IMG_20170924_0006.jpg


IMG_20170924_0008.jpg  


IMG_20170924_0010.jpg




nice!(1)  コメント(5) 
前の30件 | -
メッセージを送る